会社案内|沿革

いわきヤクルト販売株式会社|トップページ

会社案内|沿革

沿革

1956年(昭和31年)平・四軒町で乳酸菌飲料ヤクルトの瓶詰め及び販売を始める。
1959年(昭和34年)平・正内町に事務所及び工場を移転する。
1963年(昭和38年)婦人販売店システムの導入を開始する。
1965年(昭和40年)内郷・御厩町に事務所及び工場を移転する。
1966年(昭和41年)いわきヤクルト販売株式会社と商号変更する。
1969年(昭和44年)プラスチック容器を導入する。
1970年(昭和45年)日立支店を設立(若葉町)。
高萩ターミナル・大久保ターミナル・中成沢ターミナルを開設する。
1971年(昭和46年)平・菱川町に本社 新社屋を新築・移転する。
鮎川町ターミナル・四倉ターミナル・久慈町ターミナル・梅香町ターミナル・内郷金坂ターミナルを開設する。
1972年(昭和47年)小名浜ターミナル・小名浜諏訪ターミナルを開設する。
1973年(昭和48年)湯本ターミナル・成沢ターミナルを開設する。
1975年(昭和50年)植田ターミナルを開設する。
1976年(昭和51年)創立20周年を迎える。
1977年(昭和52年)勝田博志が代表取締役社長に就任する。
小名浜営業所(花畑)を開設する。
湯本ターミナルを移転する。
ヤクルト本社 東証2部へ株式上場
1981年(昭和56年)日立支店、折笠町に新設する。
ヤクルト本社 東証1部へ株式上場
1982年(昭和57年)植田ターミナルを移転する。(南町)
1983年(昭和58年)内郷第一ターミナルを開設する。
1984年(昭和59年)平第二ターミナル・小名浜松の中ターミナルを開設する。
1985年(昭和60年)高萩センターを移転する。(本町)
1986年(昭和61年)創立30周年を迎える。
植田ターミナルを移転する。(本町)
ニューセンター第一号として日立中央センターを開設する。
錦センター・小名浜中央センターを開設する。
1987年(昭和62年)多賀センター・平中央センター・湯本センターを開設する。
1988年(昭和63年)小名浜林城に本社を新築移転する。
大みかセンター・平第二センター・大津港センター・泉センターを開設する。
1989年(平成元年)磯原センターを開設する。
1990年(平成02年)高萩センターを開設する。
1991年(平成03年)折笠センターを開設する。
1993年(平成05年)鹿島センターを開設する。
1994年(平成06年)富岡センターを開設する。
1995年(平成07年)金沢センターを開設する。
1996年(平成08年)創立40周年を迎える。
1997年(平成09年)内郷センターを開設する。
1998年(平成10年)草野センターを開設する。
日立中央センターを新築移転する。
「ヤクルト」が特定保健用食品の許可を受ける。
1999年(平成11年)錦センターを新築移転する。
2001年(平成13年)湯本センターを新築移転する。
2004年(平成16年)湯本センターで宅配情報システムを導入する。
2005年(平成17年)平北センター・日立南センターを新築移転する。
2006年(平成18年)創立50周年を迎える。
全センターで宅配情報システムを導入する。
2007年(平成19年)高萩センターを新築移転する。
2008年(平成20年)小名浜センターを新築移転する。
2010年(平成22年)ヤクルト容器の立体商標が認められる。
2012年(平成24年)北茨城センターを新築移転する。
2014年(平成26年)勝田裕之が代表取締役社長に就任する。
2016年(平成28年)創立60周年を迎える。
2017年(平成29年)平センターを新築移転する。